ページの先頭です

ファンド詳細

みずほ証券が取り扱っている主な追加型投資信託の基準価額等がご覧いただけます。基準価額は当日の21時30分頃更新予定です。

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(年2回決算型)(為替ヘッジなし)

基準価額 10,518円 前日比 -34
純資産総額 1,642.03億円 分類 追加型投信/内外/株式
決算日 03/06 09/06 決算回数 2回/年

過去6期の決算実績

決算日 基準価額(円) 純資産(億円) 分配金(税引前、円)
2019年03月06日 9,869 1,518.04 0.00

リターン(%)

2019年06月末 3ヵ月 6ヵ月 1年 3年
累積リターン(税引前) 3.75 22.26 -- --

累積リターンは、ある一定期間のファンドの収益率を累積ベースでパーセンテージ表示したもの。

検索結果画面に戻る

銘柄情報

主な投資対象 「グローバル・ハイクオリティ成長株式マザーファンド」(以下、マザーファンドという場合があります。)への投資を通じて、わが国および新興国を含む世界の金融商品取引所上場株式(上場予定を含みます。)(注)に実質的に投資を行います。

(注)DR(預託証券)もしくは株式と同等の投資効果が得られる権利を表示する証券および証書等を含みます。

ファンドの特色 ◆主として世界の金融商品取引所上場株式(上場予定を含みます。)に実質的に投資を行い、信託財産の成長をめざして積極的な運用を行います。
◆ポートフォリオの構築にあたっては、投資アイデアの分析・評価や、個別企業の競争優位性、成長力の評価に基づき選定した質の高いと考えられる企業(「ハイクオリティ成長企業」といいます。)の中から、市場価格が理論価格より割安と判断される銘柄を厳選して投資を行います。
◆ボトムアップ・アプローチを基本に、持続可能な競争優位性を有し、高い利益成長が期待される銘柄を選定します。
◆マザーファンドの運用にあたっては、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・インクに株式等の運用の指図に関する権限の一部を委託します。
◆株式の実質組入比率は、原則として高位を保ちます。
◆分配方針、為替ヘッジの異なる4つのファンドから、お客さまの投資ニーズに合わせて選択できます。
◆実質的な組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。このため、基準価額は為替変動の影響を受けます。
スイッチングについて 各ファンド間または「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(限定為替ヘッジ)/(為替ヘッジなし)」とのスイッチングが無手数料で行えます。スイッチング時には、別途換金時と同様の費用、税金がかかります。
運用会社 アセットマネジメントOne
商品分類 追加型投信/内外/株式
購入単位 分配金受取コース
(口数指定)1万口以上1口単位
(金額指定)1万円以上1円単位
購入価額 購入受付日の翌営業日の基準価額
換金単位 1口以上1口単位
換金価額 換金受付日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額を控除した価額
受渡日 購入・換金受付日より起算して6営業日目
申込締切時間 15:00

(注)当該締切時間を過ぎた場合の申込受付日は翌営業日となります。

(注)大口の換金請求に制限を設ける場合があります。

購入・換金申込不可日 以下の日には購入・換金・スイッチングのお申込みの受付を行いません。
・ニューヨーク証券取引所の休業日
・ニューヨークの銀行の休業日

設定日 2018年8月1日
信託期間 2026年9月4日まで
決算日 毎年3月および9月の各6日(休業日の場合は翌営業日)
分配方針 毎年3月、9月の6日(休業日の場合は翌営業日。)の決算時に、基準価額水準、市況動向等を勘案して分配金額を決定します。決算時において、前回決算比で基準価額が上昇している場合、原則として分配を行います。

(注)分配金額は、当期決算時の基準価額(分配落ち前)と前期決算時の基準価額(分配落ち後)の差を考慮し決定します。第一期決算時は、当期決算時の基準価額(分配落ち前)と10,000円の差を考慮し決定します。分配金額の上限は200円とします。

(注)ただし、決算時の基準価額が10,000円を下回っている場合や上記基準価額の差が少額の場合等には、委託会社の判断で分配を行わない場合があります。

(注)投資者ごとに購入価額が異なるため、基準価額が10,000円を超えて支払われた分配金であっても、分配金の一部または全部が実質的に元本の払い戻しに相当する場合があります。

(注)将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。

課税関係 課税上は株式投資信託として取り扱われます。分配時には普通分配金に対して、換金(解約)時・スイッチング時および償還時には、換金(解約)時・スイッチング時および償還時の差益(譲渡益)に対して20.315%の税金がかかります。
ただし、少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が一定期間非課税となります。
なお、税法が改正された場合などには、税率などが変更されることがあります。

投資信託のつみたてサービス(みずほdeつみたて バランスくん) NISAコース:‐ 課税コース:‐

お客さまにご負担いただく手数料などについて(みずほ証券でお申し込みの場合)

購入時
購入時手数料(税込み)

購入金額に応じて、下記手数料率を購入価額に乗じて得た額になります。

5,000万円未満 3.240%
5,000万円以上1億円未満 1.620%
1億円以上 0.540%

換金時
換金時手数料 ありません。
信託財産留保額 換金受付日の翌営業日の基準価額に対して0.3%を乗じて得た額となります。
保有期間中(信託財産から間接的にご負担いただきます)
運用管理費用(信託報酬) 純資産総額に対して年率1.836%(税込み)を乗じて得た額となります。
その他の費用 上記以外に、ファンドの監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、資産の保管などに要する費用を、その都度、投資信託財産が負担します。
その他の費用については、定時に見直されるものや売買条件などに応じて異なるものがあるため、当該費用および合計額などを表示することができません。

(注)お客さまにご負担いただく費用等の合計額(上限額等を含む)については、お申込金額、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)の「ファンドの費用・税金」をご覧ください。

当ファンドのリスク

当ファンドは、値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)に投資しますので、ファンドの基準価額は変動します。これにより投資元本を割り込み、損失を被ることがあります。
これらの運用による損益は、すべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

(注)詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の内容をご確認ください。

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等をそれぞれ投資対象としています。この投資信託の基準価額は、 組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により上下しますので、これにより投資元本を割り込むことがあります。 したがって、元本が保証されたものではありません。
  • 本サイトに掲載された投資信託の情報は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。取得のお申し込みにあたっては 「投資信託説明書(交付目論見書)」をお渡ししますので、必ず内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 当ページのデータは過去のものであり、将来における当ファンドの運用成果を予想あるいは保証するものではありません。
口座を開設する お近くの店舗を探す セミナーを探す

情報提供:株式会社QUICK

本画面および本画面に含まれる情報(「本情報」)に関する著作権を含む一切の権利は、みずほ証券株式会社、株式会社QUICKまたはその提供元(「情報源」)に帰属します。
本情報は、情報提供を目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。
本情報の内容については万全を期しておりますが、その正確性および信頼性等を確認することは債務に含まれておらず、みずほ証券株式会社、株式会社QUICKおよび情報源は、原因の如何を問わず、本情報の過誤等について一切責任を負いません。
本情報の内容は予告なく変更される場合があります。
本情報の提供については、遅延・中断等があります。本情報の蓄積・編集・加工等および本情報を方法の如何を問わず第三者へ提供することは、禁止します。

ページの先頭へ