ページの先頭です

外貨建債券について

外貨建債券の購入方法

ダイレクトコース
ダイレクトコース
3サポートコース
3サポートコース
店頭

店頭

×
コールセンター

コールセンター

インターネット(パソコン)

インターネット
(パソコン:みずほ証券ネット倶楽部)

× ×
モバイルサイト(スマートフォン・携帯電話)

モバイルサイト
(スマートフォン・携帯電話)

× ×

 

  • 【ダイレクトコース】
    みずほ証券ネット倶楽部ログイン→目論見書を確認→コールセンターへ連絡
  • 【3サポートコース】
    みずほ証券ネット倶楽部ログイン→目論見書を確認→コールセンターへ連絡
  • (注)ネット契約を行っていないお客さまは、直接営業店へご連絡ください。

セミナーへのお申し込み 

外貨建債券に関して、さらに詳しくお知りになりたい場合は、みずほ証券の各支店で開催していますセミナーへのご参加をお勧めします。セミナーの開催情報とお申し込みはこちらから。

ご留意ください 

【為替変動リスク】
外国為替レートの変動にともなう円貨換算した価値の低下により損失が生じる場合があります。

【価格変動リスク】
債券の市場価格は、市場の金利水準の変化に対応して変動します。金利が上昇する過程では債券価格は下落し、逆に金利が低下する過程では債券価格は上昇することになります。したがって、償還日より前に換金する場合には市場価格での売却となりますので、売却損が生じる場合があります。

【信用リスク】
債券の発行者や、債券の元利金の支払いを保証している者の信用状況に変化が生じた場合、市場価格が変動することによって売却損が生じる場合があります。

【流動性リスク】
市場環境の変化により流動性(換金性)が著しく低くなった場合、売却することができない可能性があります。

  • 既発債の販売条件は変動しますので、実際にご購入される際には必ずお取引店までお問い合わせください。
  • 既発債の受渡日は約定日から起算して原則3営業日目となります。また、債券の利回りは受渡日で算出します。
  • 販売額には限りがありますので売切れの際はご容赦ください。

外貨建債券の税金

特定公社債等の利子および譲渡(償還)損益に対する課税は、上場株式等の配当・分配金および譲渡損益に対する課税と一体化されており、おおむね以下のようになります。

  • 利子に対する税金
    20.315%の源泉徴収が行われた後、申告不要または申告分離課税のいずれかを選択できます。
  • 譲渡(償還)益に対する税金(譲渡益・償還差益が発生した場合)
    上場株式等(特定公社債等を含みます、以下同じ)の譲渡所得等として申告分離課税の対象になります。(外貨建債券の為替差損益を含みます。)
  • 譲渡(償還)損失の取り扱い(譲渡損失・償還差損が発生した場合)
    上場株式等の譲渡益および申告分離課税を選択した上場株式等の利子・配当所得との損益通算、または翌年以後3年間の繰越控除の適用ができます。(外貨建債券の為替差損益を含みます。)
  • 特定口座の利用
    特定口座の利用が可能です。利子についても源泉徴収ありの特定口座に受け入れることができます。
  • (注)今後、税務当局により税制について新たな変更が行われた場合は、それにしたがうこととなります。

その他、外国債券全般に関する「お取引」と「参考情報」について

外国債券のお取引について

外国債券のお取引はお客さまと当社が相対(あいたい)で取引を行う「店頭取引」により行われます。その取引価格はお客さまと証券会社との相対取引のため、証券会社によって取引価格は異なります。 またその取引価格には取引の実行に必要なコストが含まれているため別途の手数料は必要ありません。お取引の受渡日が利払日以外の場合は経過利子の受け払いが必要になります。

外国債券の参考情報について

【価格情報の入手】
当社にてお買い付けいただきました外国債券の価格情報等につきましては当社の各店頭窓口にお問い合わせください。

為替スプレッドとみずほ証券適用為替レートのお知らせ
債券のリスクと手数料
債券のリスク
  • 債券の価格は、市場の金利水準の変化や発行者の信用状況等によって変動しますので、償還前に換金する場合には、損失が生じるおそれがあります。また、外貨建債券の場合には、為替相場の変動等によっても損失が生じるおそれがあります。
  • なお、債券の利金・償還金の支払いについて、発行者の信用状況等によっては、支払いの遅滞・不履行が生じるおそれがあります。
手数料等について
  • 債券を当社との相対取引によりご購入いただく場合は、購入対価のみをお支払いいただきます。
ページの先頭へ