ページの先頭です

変額終身保険とは

変額終身保険とは、一時払で払い込みいただいた保険料を、株式や債券等を投資対象とする特別勘定(ファンド)で運用し、運用成果に応じて死亡保険金額が増減する終身保険です。運用成績によって、解約返戻金額、万一の時の死亡保険金額が増減します。ただし、死亡保険金額については最低でも基本保険金額(一時払保険料)以上が保証されます。

  • (注)仕組み図はイメージであり、将来の死亡保険金額や積立金額等を保証するものではありません。
  • (注)上記は変額終身保険の一般的な特徴を説明したものであり、個別商品によって内容は異なります。

運用商品としての特徴

株式や債券等を投資対象とする特別勘定で運用し国際分散投資を行います。商品によっては複数の特別勘定から選択することも可能です。運用実績によっては高い収益性が期待できますが、運用が不調な場合に中途解約した場合は当初払い込んだ一時払保険料を下回ることもあります。

保険商品としての特徴

一生涯にわたる死亡保障が継続します。被保険者の方がなくなられた場合、当初払い込んだ一時払保険料か積立金額のいずれか大きい金額が死亡保険金としてご遺族の方に支払われます。一時金ではなく年金として受け取ることも可能な商品もあります。遺産分割で遺言と同様の効果がありますし、のこされたご家族にすぐに現金を準備することもできます。また「生命保険」ならではの税制上の優遇措置もあります。

当社で取り扱い中の変額終身保険の商品がご覧いただけます。

ご留意事項

解約・減額により運用期間中の資金の受け取りも可能ですが、解約は時価での解約になり最低保証はありません。商品によっては解約控除が差し引かれる場合もあります。投資信託の運用関係の費用のほか、保険契約関係の費用がかかります。契約時に初期費用がかかる商品もあります。

ページの先頭へ